diary

「夫婦の初期設定」完了のお知らせ

みなさんこんにちは。

今年のGWは、「我慢ウィーク」なんて呼ばれてちょっと気分が下がる連休でしたが、みなさんはどんな時間を過ごされていたでしょう?

わたしは結婚して初めてのGWでした。

こんなに予定もなく旦那さんと連日一緒にいるのは初めてのこと。ちょっとだけ不安もありつつ迎えたGWでしたが、意外とあっという間で、充実した時間を過ごすことができました(*´ω`*)

来年こそは、遊びに行きたいなぁ💑

いつかの朝の奇跡の寝ぐせ

冒頭から「不安」と書いたのですが、実は結婚してからこの4か月間、本当にいろいろとケンカが絶えなくて、絶望的な瞬間がたくさんありました。

1LDKの狭いアパートで、顔も合わせない、口もきかない日もたくさんあったし

「結婚するんじゃなかった!!」

「あなたと家族を作ろうなんて、わたしは思わない!!」

そんなひどい言葉を浴びせたことも…

“付き合っていたころはわたしを笑顔にするのが得意な人だったのに、結婚してからは、わたしは泣いてばかり。。どうしてこうなっちゃったの?(;_:)”

そんな風に、GWに入る前まではかなり参ってしまうケンカが多すぎて、そんな状態の中、この長い長いGWを迎えることが憂鬱だったというのが正直なところでした。

ところがどっこい、GWに入り、急激に一緒にいる時間が増えたことで、逆に夫婦としての意識が高まることに。

当然、休みの間は出かけるときも二人一緒のことが多かったので、そういう時間をやっと持てたことも、夫婦である実感に繋がった気がします。

冷静に考えれば、最初はたくさんケンカをして当たり前ですよね。だって他人同士が生きていくんだもの。夫婦としての「初期設定」をきちんとしなければ、衝突して当然です。それを怠り、「お互い大人なんだから、最低限のことは個々で責任取ろうぜ!」みたいな、誤った“お互いの人生尊重スタイル”を取っていたことがケンカ祭りの要因でした。補い合うから夫婦なのに…いちばん大事なことを忘れていたよ。。

「夫婦の初期設定」

これ、まじでパワーワードだと思います。

基本的なことほど、「できるだろう」「やってくれているだろう」「分かってるだろう」と思わずに、ひざを突き合わせてきちんと話し合い理解しておくことが本当に本当に大切です。

それからこのGWは、はじめて保険についても二人で見直しました。

わたしより6つ上の旦那さんは、自分が先に逝ったとしても家族にお金を残せるよう、多少の出費になっても最低限の保証を付けたいと言ってくれたのですが、

その瞬間、わたしは本当に自分のことばかり考えていたなーと猛省…(._.)

「夫婦」や「家族」が何たるものか、ちゃんと理解して動いていたのは旦那さんの方で、

まだまだ恋愛感覚が抜けず、おこちゃまだったのはわたしの方でした。

夫婦生活って、まじで余計な意地とかプライドを張ってる場合じゃない。

コミュニケーション取ってちゃんと向き合って、話し合う。

これが本っっっっっっっ当ぅぅぅぅに大事。欠かしちゃいけない。

もちろん感情的になってしまうときは、冷静に話ができるまで距離を置くことも大事だけどね。

結婚て、ものすごいスピードで自分を成長させてくれる。

ここ1~2週間でのわたしの考え方の変化、すさまじいからね。

旦那さんとたくさんケンカをしたおかげで、「自分にとっての幸せって何だろう?」ってめちゃくちゃ考えるようになったの。

そしたらわたしは、“お互い何があっても揺るがない信頼関係で結ばれていたい”って思ったし、それがわたしの目指す幸せだなと思い至って…。

だからこれからは、素直にそこ目指してこー!と思いました。

そう思えるようになったら、いままで後ろ向きだった子供のことも、前向きに考えられるようにもなったの。すごいでしょ?

その前にまずは、結婚式あげたいけど。

ま、あれこれ考えなくても、成るようになるよね。

そう思えるようになったのも、旦那さんのおかげ。

以上、片山夫妻、初期設定完了のお知らせでした。

「紡ぎ屋」の藤本沙紀です。2017年3月に東京から淡路島へ移住し、フリーライター・制作ディレクターとして活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です